アドセンス(Google AdSense)

Google社が提供する最もメジャーな広告の1つ。

ユーザーのGoogleにおける検索履歴などのデータから、ユーザーの興味に合わせた広告を配信することから「検索連動型広告」とも呼ばれる。

アドセンスで稼ぐ

自分のメディア(ブログやサイトなど)を持っている人であれば、Google AdSenseと提携することで、メディアにアドセンス広告を貼ってそこからの広告収入で稼ぐことも可能になる。(提携には審査が必要)

アドセンスは「クリック報酬型広告」と呼ばれるジャンルの広告で、その名の通り、メディアを訪れたユーザーが広告をクリックすることで広告掲載者は報酬を得ることができる。

アドセンスの1クリックあたりの報酬額は表示される広告の内容によって変動するが、だいたい数円〜数十円程度である。そのためアドセンスで稼ごうと思った場合には、たくさんのPVを集められるメディアを構築していく必要がある。

ちなみに誰もが一度は考えることだが、報酬目的に自分でアドセンス広告をクリックしまくることはポリシー違反であり、アドセンス広告が使えなくなるリスクに繋がる。悪いことは考えないようにしよう。

コンテンツビジネスとアドセンス

自分の商品(サービス)を作って販売するビジネスをコンテンツビジネスと言うが、ビジネスとアドセンスは相性が悪い。

なぜか。それはアドセンスが他社の商品を紹介する広告だからである。しかもアドセンスに表示される内容は、ユーザーの興味・関心に基づきランダムに選ばれる。つまり、自分の商品と似たような他社の商品がアドセンスに表示される可能性もあるのである。

自分はブログを使って自分の商品を売りたい。しかしそのブログに他社の商品へのリンクが貼られている。これは冷静に考えて見れば、すごくマヌケな状態ではないだろうか。

もしかしたら数万円の商品を買ってくれたかもしれない見込み顧客が、たった数円〜数十円のためにブログから離脱してしまう。そう、コンテンツビジネスにおいて、アドセンスとは単なる離脱ポイントに過ぎないのである。

穴のだらけのバケツに水を貯めようとしても難しい。穴だらけのバケツをジョウロとして使いたいなら話は別だが、水を運ぶために使いたいなら穴は全て塞いでおいた方がいい。

「アドセンスで稼ぐ」は広告にユーザーを流すことが目的のビジネス。「コンテンツビジネス」は自分の商品を買ってもらうことが目的のビジネス。目的が違えば戦略も異なる。両者を一緒くたにしようとしても上手くいかないのは当たり前である。

補足

  • youtubeもGoogle傘下の企業なので、youtubeに流れてくる広告もアドセンスの一種である(youtube アドセンス)
  • アドセンス以外にもクリック報酬型広告はいろいろあるが、中でもアドセンスは審査が厳しめ。性的表現、暴力、タバコ、酒などといったテーマを取り扱うメディアはポリシーに引っ掛かるため、アドセンス広告を貼ることができない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です