DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)

読み:[ディーアールエム]

DRMとは、ダイレクト・レスポンス・マーケティング(Direct Response Marketing)の略。

メディアから発信された情報に対して反応してくれたお客様と直接的に連絡を取り合い、信頼関係を構築た上で、商品販売に繋げていくことを目的としたマーケティング手法です。

DRMの重要性

インターネットの普及・浸透により、誰でもスモールビジネスを始めやすくなった時代。現代社会には、商品(サービス)やその販売者、情報発信者が溢れています。

消費者人口に対して物を売りたい人間の割合が大きすぎるような時代なので「良い商品を作れば売れる」という時代は終わりを告げ、「何を買うか?」ではなく「誰から買うか?」を重視したマーケティングに重きが置かれるようになりました。

そういった傾向を念頭に置くと、お客様と直接コミュニケーションを取り合うことで関係値を高め、お客様にとって特別な存在になることを目指すDRMは、今の時代により重要性が高まっているマーケティング手法だと言えるでしょう。

別のDRM

Googleなどで「DRM」と検索をかけるとDigital Rights Management(デジタルライツマネジメント:デジタル著作権管理)という用語がヒットしますが、これと本項のDRMは別物です。

本項のDRMについてGoogleで調べたい場合は「DRM マーケティング」や「ダイレクトレスポンスマーケティング」などと検索をかけると良いでしょう。