ワンリソースマルチユース

ワンリソースマルチユースとは、ワンソース(1つの情報源)マルチユース(様々な用途で使う)という意味の言葉である。

この言葉自体の歴史は古く、さまざまな分野で、さまざまなニュアンスで使われてきたが、情報発信ビジネスの領域では「1つのネタをいろいろな媒体で使う」というニュアンスで使われる。

例えば、「Aさんという人が主催したイベントに参加して、とても有意義な時間を過ごすことができた」というネタがあったとする。

このネタを元にブログを書き、Twitterでも呟き、写真をインスタグラムにもupし、メルマガにも書く、というのが情報発信ビジネスにおけるワンリソースマルチユースである。

情報発信ビジネスで稼ぐためには質の良いコンテンツをサクサク作っていくことがとても重要である。ワンリソースマルチユースは、情報発信で稼ぐ上では欠かせない考え方であると言えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です